browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

留学とワーキングホリデーの最大の違い

留学とワーキングホリデーの最大の違いは、現地でフルタイムで就労することが可能かどうかという点です。ワーキングホリデービザを取得して渡航することが出来れば、現地で働くことが可能となります。留学生用のビザでもアルバイトが許可されている国もありますが、多くの場合は週に何時間以内などの制限があります。ワーキングホリデーの場合も、国によって少しずつルールは異なりますが、基本的にフルタイムの勤務が可能です。つまり、留学生用のビザを取得して海外渡航する場合よりも、少ない資金での海外へ飛び立つことが可能となります。もちろん、渡航後に現地で雇ってもらえることが条件となります。私が渡航したイギリスのロンドンを例にとって、実際の体験や友人からの体験談をもとに紹介してみます。まず、イギリスの場合は学生ビザ所持者の就労が大きく制限されたことによって、日本人に対する求人は多くあります。これまで学生ビザ所持者が従事していた職に空きが出来たためです。もっとも多い求人は、日本食レストランのスタッフです。現状ではよっぽどえり好みをしなければ、アルバイトを見つけることが出来ないという状況に陥ることはないでしょう。次に多く見受けられるのは、美容理容関連の求人です。さすがロンドンということもあり、多くの美容室があります。また、日系のサロンも多くあります。美容院の求人は受付からアシスタントやスタイリストまであります。こちらで得られる給与に関しては、美容師や看護師などといった特殊な技術を有する人や、マネージャー経験があるなどという人以外は、イギリスでの最低賃金からのスタートとなることがほとんどです。ロンドンは大都市であり、物価も大変高く生活費がかさむのが現状です。


しかし、その分職もたくさんあるという魅力もあります。イギリスの地方都市に滞在すれば生活費はロンドンに比べるとかなり魅力的ではありますが、仕事を探すという点においてかなりの大変さがあることが現状です。海外生活スタート時には、語学学校に通うことが大変便利です。いろいろな国の友人に出会えるだけでなく、こちらでの生活に必要な情報やサポートを行っている学校が多くあるため、駆け込み寺のような存在となります。


また、ロンドンにはたくさんの語学学校があり、それぞれの学校はかなりの価格競争をしています。授業の時間帯によって授業料が違ったりいろいろなニーズにあったコースを展開している学校が多くあるため、とても便利です。

ワーキングホリデーの料金一括見積りができます!気になる事もここで全て分かるから安心。最大6社への見積もり依頼ができるから安心して選べますよ。見やすいサイトでお勧めです。