browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

2タイプのtoefl講座

toefl講座は、主に2つのタイプとなっているようです。まず自宅で受講できるタイプのものです。いわゆる通信教育のシステムを用いての講座となります。それと、どこかの校舎に対して足を運んで受講するというタイプなどもあります。後者のタイプのものは、いまいる通学式の塾のようなものに近いです。それに対して前者の通信教育のタイプのものは、色々なテキストなどを用いて学習することになるタイプです。後者のようにどこかに足を運ぶ必要はありません。通信教育の場合は、そのプログラムを提供している会社によって添削などがなされるパターンが多いようです。ただし、費用がかかることになります。それは通学式も通信教育タイプも一緒です。正直、費用などは各会社によって色々です。1万円台ということなどもあれば、10万円を超えることなどもあるからです。

toefl講座の講師の方の国籍

toefl講座というのは、英語力をアップさせることが主な目的です。ところで英会話の学校などでは、いわゆるネイティブスピーカーによって授業が展開されることが多々あります。日本人の講師ではなく、あくまでもネイティブスピーカーによる授業です。英会話の学校では、日本語の使用が禁止されているケースなども多々あるのですが。では果たしてtoefl講座は、日本人による講座なのでしょうか。それともネイティブスピーカーによるものなのでしょうか。それは講座によって異なってきます。日本人の講師によって、講義が展開される事もあります。そうかと思えば、ネイティブスピーカーのケースなどもあります。また講義は全て英語で行われるというケースなどもあります。日本語は一切用いられません。ですのでtoefl講座は英会話の学校のような形式になっていることなどもあれば、日本人の講師によって指導がなされるケースなどもあるという状況です。

eラーニングによるtoefl講座

通信教育などでは、いわゆるeラーニングのシステムが採用されていることがあります。学習塾のようにどこかに足を運んで受講するというタイプではなく、オンラインで講義を受講することができるシステムが採用されているケースがあるのです。昨今では、予備校でもインターネット媒体で講義が受講できるシステムが採用されていることなどもあるのですが。ところで、いくつかのtoefl講座でもeーラーニングのシステムが採用されていることがあります。オンラインでの受講になりますので、特にどこかの校舎などに足を運ぶ必要はありません。マイペースに受講することができますので、色々とメリットが大きなシステムだと思います。予備校などでもeラーニングのシステムが採用されているケースが多いのですが、いくつかのtoefl講座でもそのシステムが採用されているわけです。