browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

一押しのワーキングホリデーとして台湾

台湾といいますと、日本が運営などに関係をした鉄道が走っていることで知られています。実際鉄道の車両を見てみますと、良く見かけるタイプです。全く同じというわけではないですが、日本で走っているものの改良版ということです。日本の鉄道技術は高いということで、各国から導入を求められているということです。いろいろな国においても、日本の鉄道を見ることができるかもしれません。もちろん台湾は鉄道だけではありません。いろいろな文化もあります。海外旅行の目的地としても多い国ということになります。沖縄よりもう少し南にいったところになりますから、非常に近いところということになるでしょう。気候も温暖で過ごしやすいところになります。台湾においては、中国語が話されています。ですから、中国語ができるということであれば、こちらで生活をすることもできるということになります。中国本土においては、いろいろと制限されることもありますが、台湾であればできるということもあります。ですから、先にこちらに渡るということもあるかもしれません。多くの電子機器メーカーも台湾に進出していて、ある会社のスマートフォンも台湾で作られていると聞いたことがあります。そういうこともあり、経済的にも発展している国になります。


都市部になりますと、東京にも負けないようなオフィスビルが立ち並んでいるということです。一方で、農産物などの生産も盛んで、両面を見ることができる国です。一押しのワーキングホリデーとしては、台湾があります。こちらに関しては、2008年に対象国になりました。歴史としてはまだ浅いですが、日本から近いということもあって、利用したいという日とは多いということです。なんといっても、こちらは中国語圏ということになります。


中国語圏としては、香港と台湾のみということになっています。現在は、本土においては認められていないということになっています。ということからも、中国に興味がある人も参加したいところです。旅行とは違って、現地で住んだり、仕事をしたりということになります。仕事をするに当たっては、一定の中国語が必要になってきます。中国語ができたとしても、現地での習慣などが分からないということがあると思います。そういったときには、サポートしてくれるサービスを利用するとよいです。ビザの取り方であったり、現地での住居の探し方、仕事の探し方などにおいてもサポートしてもらえます。