browser icon
You are using an insecure version of your web browser. Please update your browser!
Using an outdated browser makes your computer unsafe. For a safer, faster, more enjoyable user experience, please update your browser today or try a newer browser.

ワーキングホリデーを楽しむのにサポートする人は大事

ワーキングホリデー制度を利用するとき、様々な不安がありますよね。旅先でのトラブルや事故にどう対応するか、旅行前に現地の情報が知りたいとか、何を持っていけばいいのかとか何を持って行くべきかとか、何らかの証明書が必要になるケースも少なくありません。そういう情報を教えてくれる人はとても大事ですし、そういう情報をたくさん教えてくれる人が必要です。特に短期の観光旅行などと違って、ワーキングホリデーは長期間にわたってその国にお世話になるのですから、なおのことそういった人を確保したいものです。ワーキングホリデーに参加するときに欠かせないのが、そういったサポートをしてくれる人たちのことです。サポートについては様々な機関や個人が参加しています。


例えば、ワーキングホリデーの経験者が自分の体験談を教えてくれることもありますし、外こくに居住している人が自分の国の滞在情報をブログで流しているということもあります。ですが恐らく一番多いのが、語学学校やさまざまな気管を紹介してくれるサポート企業でしょう。主にそういったサポーターの企業は語学学校などから紹介料を得ることで運営されているので、サポートを受ける側は費用を支払う必要がないという場合も少なくありません。また、有料でのサポートも行なっている企業もあります。そういった企業はたくさんのワーキングホリデーによる滞在者の面倒を見ていますから、どういったことが求められるかも把握している企業が少なくありません。また、中にはその国での公用語がよく通じない人がワーキングホリデーに参加するケースもありますよね。


そういうサポートの企業では日本語が通じるスタッフが滞在していることもあるので、日本語によるサポートを受けることもできます。とはいえ、そういうサポート企業が出来る事は限られており、日々の生活から全てを面倒見てくれるというケースはありません。やはり主体は自分で行動し、もし何か手続きや学校にいくケースなどで、そういったサポーターの手を借りるというのがとてもベストな使い方でしょう。一概にすべてが親切な企業ばかりではないので、そういうサポートをしているという企業が、滞在者について全てのことを出来るようにはなっていません。せめてメールでのやり取りくらいは出来るようになっていたいものです。ワーキングホリデーはそう出来る事ではありません。後悔が無いようにして過ごしたいものですね。